プロバイダにつながらないときはどうすればよい??

プロバイダにつながらないときはどうすればよい??

プロバイダにつながらないときはどうすればよい??

最近、光回線の業者が高齢者の住む家を訪問し、勧誘を強引に行ったり、判断力が低下したお年寄りを言いくるめて契約指せるなど、光回線の契約に関したトラブルが増えてきております。

 

この事態を受けて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約が可能でる光回線の契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を明らかにいたしました。

 

プロバイダにつながらない時に確認する点があります。

 

パソコンや設定を調べても、どこにも問題が見当たらない時には、Idやパスワードに入力ミスが無いかどうか、再確認してみます。

 

例えば、数字のゼロとアルファベットのオーのように見た目が似ている文字があるからです。

 

それでも無理だったら、プロバイダに問い合わせてみてちょうだい。

 

クレームというのがフレッツには多数送られており、その中の一つに加入後一ヶ月くらい経った頃に、唐突にインターネット接続が可能でなくなるケースがあります。

 

この例の場合、設定に間ちがいのあることがわかって、無事に使うことが出来るようになったみたいですが、このようなクレームは日々たくさん寄せられているそうです。

 

インターネット環境を心地よいものにしたいので、フレッツ光ネクストのことを調査しています。

 

まずはじめに、ホームページ内で自分の家の郵便番号を入力し提供エリアであるか確かめました。

 

次いで、月額料金シュミレーションをやってみました。

 

設置までは非常に簡単です。

 

住居の場所を変えたら、引越し先の家屋がフレッツ光しか利用できませんでした。

 

今までの間使ったいた通信会社を切り替えることなく契約したかったのですが、他に選択可能なものがなく、利用を決めました。

 

月ごとのことなので以前の倍の値段の負担が辛いです。

 

wimax申し込みの時点で心配だったのは、回線速度がどうなのかでした。

 

無線の為、自分が住む環境にすごく影響されるのはないという思いがあったからです。

 

本契約以前のお試しで使ってみて実際の速度を確かめることが可能でました。

 

満足できる早さだったので、早速契約しました。

 

契約しているスマホの2年縛りが終わったら、次をどうするか考えています。

 

この間、モバイル無線ルーターという存在をしりインターネットで確認しているのですが、下取りキャンペーンというものをしていることを知ったのです。

 

下取りのお金がすごく気になります。

 

値段によれば、下取りもいいかもしれません。

 

我が家は、おしくもwimaxのエリア外です。

 

wimax室外でも使えるし、動画で楽しむのにも余裕で満足できる速度なので、できるだけならば使用したいのです。

 

移転する予定はないため、近い将来、エリアが広がってくれることを懇願しています。

 

光回線ではセット割という様なサービスが設定されているケースがあるようです。

 

セット割というのは、光回線と携帯回線を同時に契約してしまうことで割引を受けられるといったサービスです。

 

この方面では、この先キャリア大手の競争激化が予測されています。

 

1か月ごとに請求される光回線の料金は定額を差し引かれているため、あまり深く考えることはないかもしれませんが、携帯などの料金と合わせた場合を考慮すると、毎月すごくの代金を通信代金として支払っていることになります。

 

いくつか存在する通信料金プランの中からわずかでも安いプランで契約を結びたいものです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ